北海道寿都町が「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場選定への応募を検討している問題で、「住民軽視」と受け取れる片岡春雄町長の発言に町民が反発している。8月に応募検討を表明する直前の町議会全員協議会で「町民にうかがいをたてて勉強会をすればかえって面倒」などと述べていたことが明らかになり、処分場に反対する町民団体が謝罪や説明を求める公開質問状を提出した。伊沢健司、佐久間泰雄、斎藤徹…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます