岐阜県を地盤とする地方銀行の十六銀行(岐阜市)は24日、2021年10月をめどに持ち株会社体制に移行する検討を始めたと発表した。地銀を取り巻く環境が厳しくなるなか、事業領域を広げるねらいがある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます