新型コロナウイルスが女性の雇用や生活に与えた影響について、政府が内閣府に研究会を設置して、分析を進めることがわかった。国連のグテーレス事務総長が「女性と女児をコロナ対応の取り組みの中心に」と各国政府に呼びかけるなど、新型コロナが女性により大きな打撃を与えていることは国際的にも問題になっており、ジェンダー差に着目した分析をして必要な政策対応につなげる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます