三井住友信託銀行とみずほ信託銀行が長年、1300社以上の株主総会で株主の議決権行使書の一部を不適切に扱っていた。企業や株主に知らせず、両行の独断で判断していた。企業経営で株主によるチェックを重視する流れが強まるなか、株主の権利を損なわせる事態に驚きの声があがる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます