高松市で6歳と3歳の姉妹が乗用車内に放置され、熱中症で死亡した事件で、保護責任者遺棄致死の罪で起訴された母親の竹内麻理亜被告(26)が、事件当日まで3夜連続で姉妹を車内に置き去りにし、店で酒を飲んだと説明していることが捜査関係者への取材でわかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます