106年ぶりの快挙なるか――。横綱不在の大相撲秋場所を、新入幕力士が盛り上げている。28歳で幕内昇進を果たした東前頭14枚目の翔猿(とびざる)=東京都出身、追手風部屋=は13日目を終えて11勝2敗。関脇正代と並んで優勝争いのトップを走る。新入幕で優勝を果たしたのは、長い相撲の歴史でも過去に1人だけ。およそ1世紀前の出来事だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます