今冬の新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、政府が両方の診療・検査が可能なかかりつけ医の協力を呼びかけるなか、第2波で多くの感染者が出た福岡・沖縄両県では、十分な病院数を確保できるか見通せていない。専門家は「感染リスクへの不安から発熱患者を診ない病院が続出する恐れがある」と指摘する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます