菅義偉首相は26日、就任後初めて、東日本大震災で被災した福島県を訪れた。東京電力福島第一原発にたまり続けている処理済み汚染水の処分方法を決める時期について視察後、記者団に問われたが「できるだけ早く政府として責任もって処分方針を決めたい」と述べるにとどめた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます