自民党の下村博文政調会長は27日のNHKの番組で、新型コロナウイルス感染症の影響による雇用情勢の悪化に触れたうえで、「追加経済対策を打っていくことによって、雇用に対して心配ない態勢を取っていくことは最も重要なことだ」と語った。今年度予算の予備費で対応する方針を示しつつも「さらに足りない部分があれば、3次補正も考える」と言及した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます