百年前のステンドグラスの傑作が残る青森県中泊町の宮越家で、膨大な資料の整理、解読作業が進んでいる。リスト化を終えた文献は約6500点。竹久夢二からのはがきが見つかったほか、庭園は日本画家の橋本関雪が京都に造った白沙村荘を参考にしたこともわかった。津軽半島のど真ん中に華開いた大正浪漫「宮越ワールド」の全容が、次第に明らかになってきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます