雑誌「週刊金曜日」の記事で元暴力団員と書かれ、名誉を傷つけられたとして、会社経営の男性が発行元などに計1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、京都地裁であり、増森珠美裁判長は発行元などに110万円の支払いを命じた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます