1960年代、黒人差別への抗議が広がった米ニューヨーク・ハーレム。若き日のフォトジャーナリスト・吉田ルイ子は持ち前の笑顔で街に飛び込み、カメラには、レンズを向けた暮らしの営み、子どもや女性の笑顔、そして誇りをもった黒人として目覚めていく人々のまなざしが収められていた。一方で、その著書には家族や自らの差別意識と向き合い、葛藤する姿も描かれている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます