電力の「容量市場」の初入札の落札価格が高止まりしたことについて、小泉進次郎環境相は29日の閣議後会見で「再生可能エネルギーを主に扱う小売事業者と契約をしている家庭の負担が特に高くなるのではないか。なぜここまで高いか、透明性の高い説明が求められる」と苦言を呈した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます