米サンフランシスコのベンチャーキャピタル「スクラムベンチャーズ」(SV)が9月30日、日本の食品大手6社と海外の食のベンチャー企業とを結ぶプログラム「フードテックスタジオ バイツ!」を発表した。海外で進む地球環境に配慮した食品の開発や、新しい食品の調理法から調理器具まで、食に関する海外のベンチャー企業と組むことで、日本企業が手がける食品や商品に変化を促す狙いだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます