日本銀行が1日発表した9月の「短観」は、代表的な指標の大企業・製造業の業況判断指数(DI)が、前回6月より7ポイント改善してマイナス27となった。改善は2017年12月調査以来2年9カ月ぶり。12月の先行きはマイナス17だった。景況感は新型コロナウイルスによる大幅悪化から反転したが、回復度合いは業種の差が大きく、先行きは不透明だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます