大津市のはずれ、三井寺へとつながる山の端に、正蔵坊という庫裏があった。これはいつしか私邸として使われるようになり、見事な池庭とともに原形をとどめている。近年この場所は、多彩な演奏家による意欲的な表現の場として活用されてきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます