今話題の「角川映画」を動画配信サービスで見ました。「復活の日」。“Virus”が英題で、パンデミックにより滅亡する世界を描きます。テーマの切実さもさることながら、度肝を抜かれたのがスケールの壮大さ。公開から40年。こんな規模の映画を生み出す力は日本に残っているのでしょうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます