日本でコロナ感染が広がっていた春先、角幡唯介さん(44)はグリーンランドの大地を犬ぞりで走っていた。帰国して3カ月半。いま新たな探検を構想しながら、「探検が社会のためになることはありません」と断言する。なぜ「社会の役に立たないこと」を続けるのかを聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます