「今回の王将リーグの顔ぶれはすごいね」。2019年秋、将棋界は第69期王将戦の挑戦者決定リーグ戦(通称・王将リーグ)の話題で持ちきりだった。予選を通過した3棋士にシード棋士4人が加わり、7棋士が総当たりのリーグ戦で王将挑戦権を争う仕組み。当時は七段だった藤井聡太二冠(18)が初参戦し、他の6人は全…

無断転載・複製を禁じます