9月9日、米カリフォルニア州サンフランシスコの周辺の空は一日中、火星のようなオレンジ色に染まった。州内で続く、かつてない規模の山火事の煙が流れこんだためだ。それから2週間後の9月23日。カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事が、ショッキングな命令を出した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます