この秋、高校野球で公立校の躍進が目立っている。17日から京都で始まる秋季近畿大会は出場16校のうち、乙訓(京都)、山田(大阪)、東播磨(兵庫)、長田(同)、市和歌山、和歌山東と6校が公立勢だ。昨秋は明石商(兵庫)だけ。恵まれない練習環境のなか、創意工夫を凝らして勝ち上がってきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます