まさに異端と天才は紙一重。そう痛感させるのが、あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)の「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」展だ。一癖も二癖もある絵師たちがおのれの個性全開で、これでもかとしのぎを削っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます