ANAホールディングス(HD)は、日本政策投資銀行やメガバンクなど計5行から計4千億円の追加融資を受けることになった。一部が資本とみなされる「劣後ローン」で、財務基盤を強化するのが狙い。夏までに計1兆円超の資金を確保していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せない中、国際線を中心とした航空需要の低迷の長期化に備える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます