写真・図版
東京電力千住火力発電所。煙突の高さは約84メートルで、れんがでできていた。その後、昭和30年代に周囲を鋼板で補強したという(東京都足立区立郷土博物館提供)
  • 写真・図版
無断転載・複製を禁じます