韓国社会における女性の生きづらさを描いて共感と議論を巻き起こした小説「82年生まれ、キム・ジヨン」が映画化され、公開中だ。自身も子育て中というキム・ドヨン監督は「私自身が小説を読んで感じたように、映画を見て自分の人生や周囲の女性たちを見つめ直し、考えるきっかけにしてほしい」と語る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます