放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は9月、昨年放送されたテレビ朝日の報道番組「スーパーJチャンネル」内の特集に不適切な「仕込み」演出があったとして「放送倫理違反がある」と認定した。公表された意見書には、担当した制作会社のディレクターが調査で語った「自分はしょせん機械」との言葉が記載されており、制作現場の過酷な現状がうかがえた。大野択生、川村貴大…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます