東京電力福島第一原発にたまり続ける処理済み汚染水をどう処分するか。政府と東電は、海洋放出を有力視する有識者の提言を支えに、政治判断に向けた地ならしを進めた。タンク容量の限界を押し出しながら、風評被害を恐れる漁業者らの外堀をじわじわと埋めてきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます