鉛筆による緻密(ちみつ)な線描で知られる金沢美術工芸大学名誉客員教授で画家の木下晋さん(73)が、個展「いのちを刻む」を福井市松本1丁目の画廊サライで開いている。難病の妻君子さん(71)をモデルにした大作「仰臥人(ぎょうがじん)」など計17点を展示している。31日まで。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます