パリ近郊の中学校脇で16日、同校の男性教員(47)の遺体が首を切断された状態で見つかった。仏検察によると、男性は歴史・地理の教員で、今月上旬、授業で表現の自由を取り上げた際にイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を題材にした。保護者の一部が抗議していたという。マクロン大統領は同日、「表現の自由を生徒に教えていたために殺された。イスラム過激派による典型的なテロ攻撃だ」と犯行を非難した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます