「また逢(あ)う日まで」「魅せられて」……。洗練されたサウンドで、日本のポップスの表現領域を広げた希代のメロディーメーカー・筒美京平さんが7日、80歳で死去した。ピンク・レディー、山口百恵などを手がけ、同時代に競い合った作曲家・都倉俊一さん(72)が見る筒美サウンドの魅力とは――。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます