「日本一美しい漁村」と呼ばれた宮城県石巻市雄勝(おがつ)町に、東日本大震災後にできた巨大な防潮堤は、町の風景を一変させた。そそり立つコンクリートの壁の前に立っても、かつて聞こえたという、波の音は聞こえない。地元では、住民も行政も巨大防潮堤に頼らない復興を目指したが、結果として雄勝は「壁に囲まれた町」になった。一体、何があったのか――。=敬称略…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます