市民公開講座「研究が切り拓(ひら)くがん治療最前線」(日本癌学会、日本対がん協会主催、朝日新聞社など後援)が3日、広島市内のホテルで開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、講演はウェブ配信され、600人以上が視聴。5人の専門家が登壇し、ゲノム医療などがんの最新治療について講演した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます