不倫関係の末に生まれた子に日本国籍を取得させるため、共謀して偽の認知届と国籍取得届を提出した3被告への判決が、静岡地裁富士支部であった。裁判所はいずれの被告にも有罪判決を言い渡した。裁判で改めて浮き彫りになったのは、身勝手な大人たちの行動で無国籍となっている子の存在だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます