奈良・薬師寺の僧侶、大谷徹奘(てつじょう)さん(57)が東日本大震災以来、慰霊法要を続けている。児童74人、教職員10人が津波で犠牲になった旧大川小学校(宮城県石巻市)で毎年3月11日、お経をあげてきた。コロナ禍の今年、3月にはそれがかなわず、秋のお彼岸に訪れ、法要を営んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます