東京電力福島第一原発事故の後、放射線による被曝(ひばく)の心配から福島県の子供たちは外で遊べず、体力は落ち、肥満傾向の子も増えた。危機感を抱き、遊び場作りに先駆的に取り組んだ郡山市の小児科医の菊池信太郎さん(50)はある戒めを心に刻む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます