不妊治療のために受精卵を育てて保存した「凍結胚(はい)」を北海道大学病院が紛失して精神的苦痛を受けたとして、道内の夫婦が北大に慰謝料1千万円を求めた訴訟が札幌地裁(広瀬孝裁判長)で和解が成立したことが夫婦側への取材でわかった。和解は1日付。北大が謝罪し、和解金を支払う内容という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます