新型コロナウイルス対策をしながら観客が競技会場にスムーズに入れるよう、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの大会組織委員会は21日、東京ビッグサイト(東京都江東区)でセキュリティーチェックの実証実験をした。体に貼って発熱の有無が分かる「検温シール」を試すなどし、1時間あたりの入場者数を検証した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます