全国の市区町村に今年5~7月に提出された「妊娠届」が前年の同時期に比べ11・4%減ったことが、厚生労働省の調査で分かった。厚労省は、新型コロナウイルスの感染拡大で妊娠を控える動きが広がった可能性があるとみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます