政府が進める「脱ハンコ」の動きを受け、新潟県の花角英世知事は21日の記者会見で「オンライン化やリモートワークなどが進む中、単なる慣習になっている押印は廃止したら良い」と述べ、年度内を目標に県への申請などの行政手続きを見直す方針を示した。約9割を廃止できる見込みで、庁内手続きについても廃止を進めるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます