大阪地検岸和田支部に出頭後に車で逃走し、検察事務官をはねてけがをさせたなどとして公務執行妨害と傷害、犯人蔵匿教唆などの罪に問われた野口公栄被告(50)の判決が22日、大阪地裁であった。松田道別(ちわき)裁判長は「収容を免れるための犯行で責任は重い」として、懲役2年6カ月(求刑懲役4年6カ月)を言い渡した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます