奈良・興福寺の「特別公開2020」が24日始まり、半年ぶりに中金堂(ちゅうこんどう)の扉が開く。伽藍(がらん)の中心となる中金堂は2018年に、天平時代の荘厳さをほうふつとさせる巨大木造建築物として300年ぶりに再建された。いにしえから幾度もの災厄を乗り越えてきた象徴的な存在でもある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます