長崎県内の児童相談所(長崎市、佐世保市)の児童虐待相談の対応件数が2019年度、初めて1千件を超えた。全国で相次ぐ悲惨な虐待死事件を受けて児相は県警との連携を強めており、県はより幅広く対応できた結果だとみている。一方、職員の負担は増えており、県は運用の改善に努めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます