帰ってきた喜びを銀盤でいっぱいに表現した。三原舞依(21=シスメックス)にとって、10月上旬にあったフィギュアスケートの近畿選手権は1年半ぶりの実戦。報道陣の取材で「うれしい」という言葉を何度も口にしたことからも、充実感がうかがえた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます