「最後の最後まで挑戦させてもらったことに、感謝します」。日米通算170勝を挙げ、21年間の現役生活にピリオドを打つことになった巨人の岩隈久志投手(39)が23日、東京ドームで引退会見を開いた。サプライズで原辰徳監督(62)も登場。今まで隠していた、引退につながるある出来事を初めて明かした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます