スピードスケートの今季国内開幕戦、全日本距離別選手権は23日、長野・エムウェーブで開幕した。500メートルで女子は2018年平昌オリンピック(五輪)金メダルの小平奈緒(相沢病院)が37秒73で6年連続11度目、男子は昨季ワールドカップ(W杯)1勝の村上右磨(高堂建設)が34秒72で4年ぶり2度目の優勝を飾った。日本勢で唯一、33秒台の記録を持つ新浜立也(高崎健康福祉大職)は34秒91で2位だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます