県漁業協同組合連合会(県漁連)は23日、東京電力福島第一原発事故を受けて続けている「試験操業」を見直し、来年4月以降、制約を設けない「本格操業」に段階的に移る方針で一致した。第一原発にたまる処理済み汚染水についても「放出反対」を改めて確認した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます