広島、長崎への原爆投下から75年。核兵器を初めて全面的に違法とする国際法「核兵器禁止条約」が発効することになった。だが、米ロ、米中関係が冷え込み、北朝鮮の核問題も解決しない中、核保有国や「核の傘」に依存する立場の日本や北大西洋条約機構(NATO)加盟国は背を向ける。停滞する核軍縮を後押しできるか、課題も残る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます