来春の千葉県知事選をめぐり、ソウル五輪競泳金メダリストで、前スポーツ庁長官の鈴木大地氏(53)が自民党県連幹部に立候補する意思を伝えたことが25日、県連幹部への取材でわかった。知事選には千葉市の熊谷俊人市長(42)も立候補する意向を固めている。県連は森田健作知事(70)の不出馬を織り込んでおり、選挙戦の構図が大枠で固まった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます