妊婦の血液からおなかの赤ちゃんのダウン症などを調べる新型出生前診断(NIPT)について、厚生労働省が28日、新たな検討部会を立ち上げる。日本産科婦人科学会(日産婦)が公表した、地域のクリニックでも検査を受けられるようにする新指針の扱いが焦点になる。ただ、中絶につながる可能性のある検査でもあり、慎重な意見もある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます