ラトクリフ米国家情報長官は、イランとロシアが米大統領選に介入を試みた疑いがあると発表した。ラトクリフ氏は「一部の有権者の登録情報がイランとロシアに別々に入手されたことを確認した。イランが有権者を脅し、社会不安をあおり、トランプ大統領に打撃を与える目的でなりすましメールを送っている」と21日の記者会見で述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます